{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602008363169358   整理番号:68A0296256

事務作業の生産性の諸要素

The elements of clerical productivity.
著者 (1件):
資料名:
巻: 42  号:ページ: 6-11  発行年: 1968年
JST資料番号: B0430B  ISSN: 0010-9592  CODEN: CSTMA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 解説  発行国: カナダ (CAN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
事務作業の生産性を改善するには,作業場の系統的な研究と,非能率的な作業の排除への一致した努力との成果によってのみ生じるとし,事務作業の生産性を評価し,かつ改善しようとする際に,考慮すべき要素22個をあげ概説。1)組織,2)事務所のレイアウト,3)部門の製品,4)示唆とアイデア,5)工程図表,6)書式,7)作業配分,8)作業スケジューリング,9)チェック作業,10)記録とファイル,11)装置,12)文通,13)レボート,14)運搬,15)コミュニケーション,16)マニュアル,17)訓練,18)監督,19)社内施設,20)生産性,21)分析,22)スタッフとモラル,の22要素である。とくに7)と8)を詳述;写図2
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る