{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602008365240726   整理番号:68A0053932

ぜい性破壊理論の問題について

Рдна задача теории хрупкого разрушения
著者 (2件):
資料名:
巻:号:ページ: 99-103  発行年: 1968年
JST資料番号: R0263A  ISSN: 0032-8243  CODEN: PMVAA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: 旧ソビエト連邦 (SUN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
最初の方向に向ってある小さい角度で発生する直線き裂の伝ぱについて本論文は研究している。との場合形状内のき裂の成長過程は破損点に現われる。き裂尖端近くの集中荷重は臨界荷重に本質的に影響を及ぼす。外力の臨界荷重にはグリフィスのエネルギー法を利用た;写図3参3
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る