{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602008366637930   整理番号:58A0054073

過渡応答におけるある限界の改良 [寄書]

Improvements in Some Bounds on Transient Responses.
著者 (1件):
資料名:
巻: 46  号: 12  ページ: 19581959  発行年: 1958年
JST資料番号: D0378A  資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
回路網関数z(s)の実周波致応答がいろいろの制約を受けるとそれに応じた過渡応答も制限を受けるが,そこで得られた結果のいくつかの改良即ち二つの改良された定理を示している.その定観から得られることの一例は『z(s)がoの数より一つだけ多い極を持ち,その実周波数実部がω≧oで単調威少すると,単位ステップ応答の行き過ぎ量は0.2172より大でなく,t=0から応答がrに等しくなるまでの立上の時間にiFの下眼はない』である
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る