{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602008379787469   整理番号:68A0318679

放射線検出器の最近の進歩光電手増倍管に転換法を適用して開かれた新しい手段

Rcents dveloppements dans le domaine des dtecteurs de rayonnement Nouvelles voies ouvertes pour applica tion de la mthode transfert a la realisation de tubes photodlectriques.
著者 (1件):
資料名:
号: 32  ページ: 63-67  発行年: 1968年
JST資料番号: B0117B  ISSN: 0007-4543  CODEN: BUIAA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 文献レビュー  発行国: フランス (FRA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
転換法は,電子管の中の電界の役割を従来よりももっと重要なものとしたが,光電子増倍管においても,光電面の多層活性化を行なうことによって今までの欠点からのがれることができるようになった。従来は,熱電子による雑音のため,ある一定以上の電圧を印加することができなかったが,2層活性化の方法を利用すると,直線性が増し,応答時間が短かくなる。この方法は,電子密度が4電子/cm2・sと大きいので,雑音に対しても強くなる。また印加電圧を30kV以上もとれるので,分解能は9keVを得ることもできるようになった;写図4参4
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る