{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602008383692448   整理番号:68A0314421

ニトロベンゼン溶液のパルス放射線分解

Pulse radiolysis of nitrobenzene solutionsv.
著者 (5件):
資料名:
巻: 63  号: 10  ページ: 2435-2124361  発行年: 1967年
JST資料番号: A0127A  CODEN: FNPTA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: フィンランド (FIN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
水溶液中におけるラジカルHC6H5NO2およびOHC6H5NO2の吸収スペクトルを求めた。これらのラジカルは4100Åに強い吸収があり,そのモル吸光係数は両方とも3700M-1cm-1.さらに速度定数を測定。k(H+C6H5NO2)=(5.6±0.6)x 109M-1 sec-1,k(OH+C6H5NO2)=(4.7±0.5)x 109M-1 sec-1,k(O2+OHC6H5NO2)=(2,3±0.3)x 106M-1 sec-1,k(OHC6H5NO2+OHC6H5NO2)=(6.0±0.4)x 108M-1 sec-1。2分子のニトロ オキシ シクロヘキサジエニルラジカル間の反応で,不均化反応によって25%がニトロフェノール異性体となる。しかし反応の大部分は他の生成物(おそらく結合による二量体)となり,酸および塩基の形で存在し塩基形は可視領域に強い吸収を示す。なおこれらの生成物はニトロシクロヘキサジエンの誘導体と思われる;写1図3参18
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る