{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602008385483633   整理番号:68A0263001

力平衡概念からみた中生代と新生代におけるアネシー河下流の地形発連

Mesozoic and Cenozoic physiographic development of the lower Tennessee River In terms of the dynamic equili-brium concept.
著者 (1件):
資料名:
巻: 76  号:ページ: 472-479  発行年: 1968年
JST資料番号: C0293A  ISSN: 0022-1376  CODEN: JGEOAZ  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 短報  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
テネシー河はアパラチア山脈を横断して,南東から北西に流れる先河(antecedent drainage)の一例である。地塊運動と関連して,同河川の発達の推移を時代ごとに解析した。同河は中生代初にすでに古アパラチア山脈を横断して,ベンシルべニア紀たい積の海岸平野を形成していた。当時の流路は.現在のそれとまとんど変っていない。ミシシッど系Nashville石灰岩ドームが,北かう南へ押し出し,肩河の流路を南へ移動させた。新白亜紀に同河下孟紀達する海進があり,下流地域にたい積物を残した;写図3参25
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る