{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602008388061853   整理番号:68A0151232

Tue湖国立野生生物保護地における水生生物の殺虫剤の監視

pesticide monitoring of the aquatic biota at the tule lake national wildlife refuge.
著者 (2件):
資料名:
巻:号:ページ: 21-26  発行年: 1968年
JST資料番号: B0957A  ISSN: 0031-6156  CODEN: PEMJAA  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
魚,食鳥の農薬毒のため,連合水汚染防止局は1964年Tie湖竜びLowe「K1nath湖野生生物保護地の水質監視計議を設け,2余,塩素系殺虫剤を水,けん濁物質,水生植物,貝および魚より分析DDE,DDD,DDT,クロルデンおよびエンドリンを水灘よび生物ともに検出。1965年エンドリンは最大0,100ppbを水で検出したが,ワグイ(Siphate1es bicolor)には同年間に198ppb蓄積した。エンFリンの存在は直接には保護湖にそそぐ汚んがい水による;写図4表5参8
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る