{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602008396950136   整理番号:68A0147257

Bacillus subtilisに論ける転写後修飾による5SrRNAの合成

The formation of 5S ribosomal ribonucleic acid in Bacillus subtilis by posttranscriptional modifica-tion.
著者 (3件):
資料名:
巻: 59  号:ページ: 1278-1283  発行年: 1968年
JST資料番号: D0387A  ISSN: 0027-8424  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
50Sリボン-ムサブユニットの構成物である5SRNA分子は,遺伝子から直接の転写によって合成されるのではなく,何か他の既存のRNAが劇そらく一次構造上の修飾を受けて作幽出されるものと推定された。これは(1)同位体が5SrRNAへ取参込まれる時の反応経過,(2)その合成に対するクロラムフェニコールの影響,(3)転写の起こらない条件でも5SrRNA形成が少し起こることなどから判断;写図2表1参15
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る