{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2022年05月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2022年05月
文献
J-GLOBAL ID:201602008399817038   整理番号:58A0072893

コンクリート中に診ける空気空げきに関する研究の起源,進歩,および効果 IV 現場コンクリート中の空気空げき機構

Origin, Evolution, and Effects of the Air Void System in Concrete. Part 4-The Air Void System in Job Con-crete.
著者 (4件):
資料名:
巻: 30  号:ページ: 507-517  発行年: 1958年 
JST資料番号: C0255A  ISSN: 0002-8061  CODEN: JACIA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
でき上っπ構造物からとったコンクリートの空気空げきの状態を測定して実験室のものと比較しだ結果ACI613-54の施工法によるコンクリートは満足すべき空げき構成を示すことが分った.固まったコンクリートの空気空げき測定法を文末にのせた
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る