{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602008401227421   整理番号:68A0071220

新し空気ーアセチレン法;V邸ial炎法

Azetylen auf neuen yegen Das Varial-Verfahren.
著者 (1件):
資料名:
巻: 58  号:ページ: 174-176  発行年: 1968年
JST資料番号: E0445A  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 解説  発行国: スイス (CHE) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
従来の酸素-アセチレン炎の代りに圧搾空気とアセチレンの混合ガスを用いる新しく経済的な方法を紹介する。圧搾空気の混合比と火炎温度の関銑火炎温度,燃焼速度および混合比の鍛素ーアセチレン法との比敷を示し,硬ろう付け,軟ろう付火炎硬化など広い分野にこ適用して有利であることを説く;図3

前のページに戻る