{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602008402771680   整理番号:60A0001983

分子間力と液体の性質 II 分子間ポテンシャルの一般的関数表示および系統的に異なるポテンシャルに対する第二,第三,第四ビリアル係数

Intermolecular forces and properties of fluids. II. A general functional representation of intermolecular potentials, and some values of the second, third and fourth virial coefficients for systematically differing potentials.
著者 (2件):
資料名:
巻: 254  号: 1279  ページ: 499-506  発行年: 1960年
JST資料番号: D0393A  ISSN: 1364-5021  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: イギリス (GBR) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
角度によらない分子間力を完全関数系による展開形で書いた。このポテンシャルの井戸の幅の異なる三つの例についていろいろの温度で第二,第三,第四ビリアル係数を求めた

前のページに戻る