{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602008413630043   整理番号:68A0145780

薄い脂肪膜の水透過性に対するコレステリンの効果

Effect of cholesterol on.the water permeability of thin lipid membranes.
著者 (2件):
資料名:
巻: 216  号: 5116  ページ: 717-718  発行年: 1967年
JST資料番号: D0193A  CODEN: NATUA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: イギリス (GBR) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
薄い脂質膜の成分(レシチン-コレステリンの系。混合脂質-コレステリンの系)の内コレステリンの割合を変え水透過性に及ぼす影響を検討。膜成分のりん脂質に対するコレステリンの割合が大きくなるにつれ水透過性が低くなる。一定量のコレステリンにおいて,レシチン膜の浸透透過係数Pfは,混合脂質膜のPfよりも常に大きい。なおPfはテトラデカンやdl-α-トコフェロールによって影響されない;写図1表1参10
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る