{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602008418001028   整理番号:60A0129619

長い鉄筋コンクリート柱の組立用装具と,二つのクレーンの同時運転法

Приспособление для монтажа длинномерных желеэо-бетонных колонн и метод совместной работы двух башенных крнов.
著者 (1件):
資料名:
巻: 30  号: 12  ページ: 72-74  発行年: 1959年
JST資料番号: R0026A  ISSN: 0201-4564  CODEN: EKSTA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 解説  発行国: 旧ソビエト連邦 (SUN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
火力発電所の主屋の建設期間の長短は.その骨組を作る技術に著しく関係する.ここでは二つのクレーンを同時に用いて長い鉄筋コンクリートを操作し易くした経験を述べた.すなわちこの方法で.シムフェロポーリ・グレスの主屋の建設を行ない, Г型支柱(長さ45m,重さ50t)をБК-405型クレーンを垂直に二つ使った.クレーンの使用法と組立上の詳細な注意を指摘している
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る