{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602008418840780   整理番号:68A0249338

フィリピンにおける探鉱と訓練の試み

An experiment in mineral exploration and training in the’ Philippines.
著者 (2件):
資料名:
巻: 61  号: 671  ページ: 371-378  発行年: 1968年
JST資料番号: B0232A  CODEN: CMMBA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 解説  発行国: カナダ (CAN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
マニラの応用地質研究所は,フィリピン大学,フィリビン鉱山局および国連開発計画(特別基金)の後援のもとに,鉱物開発の国際協力体制を確立し,(1)鉱山技術者に対する探鉱技術の訓練,(2)新鉱床の発見,(3)大学における地質教育の強化に重点を置いている。探鉱技術の最も効果的な訓練は,適応性の調査を織り込んだ訓練であり,応用地質研究所は新鉱床の発見に有力な手がかりを与えると同時に,すぐれた探鉱,地質技術者の育成に貢献している;写図7参13
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る