{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602008420408275   整理番号:60A0093455

短絡チョークコィル近傍の鉄部分の加熱

Erwarmung der in der Nahe von Kurtschlusdrosselapulen befindlichen Eisenteile.
著者 (1件):
資料名:
巻: 14  号: 6 Beil  ページ: 47  発行年: 1960年
JST資料番号: B0380A  ISSN: 0013-5399  CODEN: EKTRA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: ドイツ (DEU) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
チョークに電流が流れるとその近傍にある鋳鋼,薄鉄板などの鉄部分が外部磁束により加熱され,磁化やうず電流のための損失が生ずる.短絡条件による温度上昇を鋳鋼U6.5,10,14,および20/SA87.12(泉ドィッ規格)と薄鉄板2および3照について測定したがリアクンス負荷,その金属部の長さ,磁化率,冷却率などの多くの条件により異なる.38mm厚さのものは2mmに比べて約10%温度上昇が高い
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る