{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602008420912690   整理番号:68A0274732

米国最大のつり屋根構造(マジソン・スクェア・ガーデン)

Americas largest cable suspension roof Madison Square Gardens New York City.
資料名:
巻:号:ページ: 6-8  発行年: 1967年
JST資料番号: A0583A  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 解説  発行国: イギリス (GBR) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
直径404ftの鋼ケーブルつり屋根によるMadison Square Gardens(ニューヨーク市)。収容人員20234人,高さ153ft屋内面積約3acreの円筒形建物で,この種の構造としては米国最大のものであると言われる。屋根システムは,自転車の車輪を水平にした形をしており,建物外周に配置された48本の鉄骨柱の頂部で車輪のリムに当るリングが支えられている。ケーブル上には,照明,機械設備と予備の冷却塔を収容した2階分がある。このセンターはPennsylvania Plaza計画の一部をなし,センターの地下部分における鉄道駅の再開発も同時に行われている;写3図1
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る