{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602008427059276   整理番号:68A0313867

人体,牛乳およびパンの中の137Cs存在量

О содержании сз137 в теле человека,молоке и хлебе.
著者 (2件):
資料名:
巻: 24  号:ページ: 583-584  発行年: 1968年
JST資料番号: R0005A  ISSN: 0004-7163  CODEN: AENGA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 旧ソビエト連邦 (SUN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
1962,64年に測定されたモスクワ在住の一般人10人の同一グループにつき64~66年に追跡測定された137Cs身体負荷量とその摂出源とについて述べた。64年6月から66年10月までに身体中濃度が,279から80pCi/gKに減少し,量として35から13nCiに減少した。65年3月~66年10月の平均が20.8nCiであった。同期間の牛乳中平均濃度は70pCi/lであり,1日摂取量を0.51,生物学的半減期を80日として牛乳からの寄与が4nCiすなわち全負荷量の20%と評価される。また身体中と牛乳中との137Cs量の相関はない。またパンの1日消費量を0.5kgと仮定すると137Cs摂取量が100pCi/dayとなり上記期間の身体中平均存在量が11.6nCiで全負荷量の56%に当る。相関は計算されていない。結論として穀類の比較的高い消費の条件でこれらの製品が人体中の137Csの主な源であると推定;写図2参6(今井 和彦)
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る