{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602008428005064   整理番号:68A0092490

海上輸送現在と将来

Transportation by sea-today and tomorrow.
著者 (2件):
資料名:
巻: 56  号:ページ: 514-523  発行年: 1968年
JST資料番号: D0037A  ISSN: 0022-0728  CODEN: JEACA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 文献レビュー  発行国: スイス (CHE) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
第2次大戦までは海を越える船客輸送は大型客船により行なわれたが,長距離航空機の発達により。時間の節約と運賃の点で,米国欧州間の旅客の11%が船を利用しているにすぎない。現在商船は定期貨物船,不定期船,専用船の3クラスに分類される。定期船の運賃協定,高速化,コンテナ化,不定期船の特色,専用船の大型化,兼用船の開発などについて解説している。貨物の場合は,船の方が航空機より経済的なので。海運の将来の発展が予想される。世界の商船は1966年に8.3%増加したが,米国の造船業はそれに寄与していない。輸送の合理化のためのシステム解析により,コンテナ輸送はしけ輸送船の開発,タンカーの巨大化などが行なわれた,付随する問題もある;写図14表9参10
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る