{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602008430032150   整理番号:68A0144938

酸化的りん酸化における呼吸系に対するアンカップラーの化学量論

Stoichiometry of uncoupler to respiratory assembly in oxidative phosphorylation.
著者 (2件):
資料名:
巻: 126  号:ページ: 722-724  発行年: 1968年
JST資料番号: B0023A  ISSN: 0003-9861  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 短報  発行国: オランダ (NLD) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
電子伝達粒子をウシ心臓ミトコンドリアから調製し,ブルムチモールブルーの吸収変化(△A=A618-A700)をりん酸化の指標にする方法を用い,酸化的りん酸化アンカップラーであるシアン化カルボニルp-トリフルオルメトキシフェニルヒドラゾン(I)の影響を検討。Iと△Aのプロットから100%阻害に必要なIの量を求めるとcyt bあたりアスコロビン酸-トルイレンブルーを基質にしたときは1,こはく酸を基質にしたときは2,NADHを基質にしたときは16個と算出される。基質濃度に対して△Aと100%阻害のI量,O2消費をプロットした結果から三つのりん酸化の場所に共通な非りん酸化高エネルギー中間体の存在を推定;写図2表1参15
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る