{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602008430544878   整理番号:60A0117882

クズバスのカピタリナヤNo.1炭鉱における採炭撃備坑道のボルト支保試験

Опыт применения анкерной крепи в подготовительных выработках на шахте ”Капнтальная-1” в Кузбассе.
著者 (2件):
資料名:
巻: 35  号:ページ: 32-34  発行年: 1960年
JST資料番号: R0115A  ISSN: 0041-5790  CODEN: UGOLA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 旧ソビエト連邦 (SUN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
炭層は厚さ約1.6mで23°以下の傾斜を有する。坑道はこれに沿層で進む。ボルト支保による坑道長さ1m当り掘進費の経済値,適用され得る上盤の種類ないしは安定性について調査している;写1図2表1

前のページに戻る