{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602008431846576   整理番号:68A0225020

単独回路のトンネルダイオードよる増幅器の計算

К расчету усилителя на туннельном диоде с одиночным контуром.
著者 (1件):
資料名:
巻: 22  号:ページ: 49-5  発行年: 1967年
JST資料番号: R0089A  ISSN: 0033-8486  CODEN: RATEA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 旧ソビエト連邦 (SUN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
ダイオードの等価回路として接合容量と負性抵抗の並列回路に寄生定数の抵抗とインダクタンスが直列に接続され,これに抵抗・インダクタンス・容量の各々を並列に接続した増幅器の安定性を考察する。最初はダイオードの寄生抵抗を無視して,系の方程式の代数的安定条件を回路定数で表わし,寄生インダクタンスと接合容量・負性抵抗の積の比,および寄生インダクタンスと並列インダクタンスとの比の関係から,非安定性要因を表わす値の最大限界を求める。次に増幅率・共振周波数を求め安定性との関係を回路定数により規定する。ダイオードの損失による安定性条件の変化も考察する;写図4参8
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る