{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602008442297485   整理番号:60A0085020

プラスチック強化材料としてのカラス繊維.ガラスの組成,構造,表亜特性の意義

Die Glasfaser als Verstaerkungselement fuer Kunststoffe Bedeutung von Glas-Zusammensetzung,Struktur und Beschaf-fenheit der Oberflaeche.
著者 (1件):
資料名:
巻: 50  号:ページ: 234-237  発行年: 1960年
JST資料番号: C0418A  ISSN: 0723-0192  CODEN: KUNSAV  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 文献レビュー  発行国: ドイツ (DEU) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
ガラスの化学組成,分子構造を説明し,これとガラスの耐水性,電気的諸性質,ガラス繊維の強度との関係を考察.ガラス繊維の表面構造により強度が左右される.ガラス繊維と樹脂との接着は繊維表面の吸着水層の影響を受ける.この場合のプライマーの意義および効果を解説;図2表2参22

前のページに戻る