{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602008449580026   整理番号:68A0330106

NDV生ワクチン(B1株)投与による抗体の推移と免疫

著者 (2件):
資料名:
巻: 17  号:ページ: 41-42  発行年: 1968年
JST資料番号: G0616A  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 日本 (JPN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
4日令ヒナにB1株を投与し,2週および5週後に佐藤株で攻撃した.攻撃前の抗体価を中和価で区分して耐過率との関係をみると,攻撃の時期に関係なく両者はかなりよく一致していた.HI価で区分した場合,5週目攻撃では両者はよく並行していたが,2週目攻撃ではHI価の高い群にもかなり死亡するものがあった.B1株免疫の経過血清について2-メルカプトエタノール(2-ME)処理を行なったところ,120日令以内のニワトリでは2-MEに感受性があるHI抗体が接種後1~2週に顕著にあらわれ,3週以上経過したものでは抵抗性のものが主体となることがわかった.

前のページに戻る