{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602008456651370   整理番号:68A0029327

CdSの光伝導率スペクトル分布の微細構造におよぼす酸素吸着効果

Influence of oxygen adsorption on the fine structure of the spectral distribution of photoconductivity in CdS crystals
著者 (3件):
資料名:
巻: 28  号:ページ: 185-188  発行年: 1968年
JST資料番号: C0599A  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 短報  発行国: 東ドイツ (DDR) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
電子衝撃と紫外光照射で光伝導微細構造に変化が起るが,原因は結晶表面からの酸素放出によるものと考えられる。酵素放出のため,表面再結合速度が低下し,伝導率への励起子寄与が増大することになる。酸素放出は衝撃電子または紫外光のエネルギーが酸素原子の運動エネルギーに転化するためである;図2参7

前のページに戻る