{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602008459503070   整理番号:68A0041441

コンクリート補強材の腐食実例調査報告

著者 (1件):
資料名:
巻:号:ページ: 8-19  発行年: 1968年
JST資料番号: S0363A  ISSN: 0027-772X  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 文献レビュー  発行国: 日本 (JPN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
1916年以来,建設後約50年を経過した三池製錬所水平蒸留工場建家0コン.タリーl中0鉄筋がどの程度腐食しているかを見た.この結果,コン≒クリード中0鉄筋といえども,コン.クリードの施工条件ならびに腐食環境によ・つては,コン.クリードが脱落ずるまで腐食が進行し,平均腐食率が約70X・/年に達ずるので,コッ≒クートによる鉄鋼0保護効果は苛酷;2:条件下ではあまり期待でき;2:いことがわかり,これを防ぐには,溶融亜鉛めっき鉄筋に:ずるのが妥当でありその利点もこれ以外にあげた;写図25表2参2
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る