{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602008461294730   整理番号:68A0175185

二酸化ヒジルコニウムの焼結

Исследование спекания двуокиси циркония.
著者 (3件):
資料名:
巻: 33  号:ページ: 33-40  発行年: 1968年
JST資料番号: R0077A  ISSN: 0369-7290  CODEN: OGNPA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 旧ソビエト連邦 (SUN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
焼結と出発原料の活性との関係を研究。二酸化ジル灘ニウムの焼結が空隙の体積拡散によって行なわれることを確かめた。工業用ZrO2に活性ZrO2を少量添加し,酸化ふん囲気で迅速焼成を行なうと,焼結度がかなり増す。安定化剤の添加は焼結を強める。ち密化が最高になるのは60-70%の固溶体が生成する場合である;写図12表3参37
タイトルに関連する用語 (1件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る