{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602008472322948   整理番号:68A0175052

変性ポリ塩化ビニルの動的機械物性

Динамические механические свойства модифицированного поливинилхлорида.
著者 (5件):
資料名:
号:ページ: 11-12  発行年: 1968年
JST資料番号: R0206B  ISSN: 0554-2901  CODEN: PLMSA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 旧ソビエト連邦 (SUN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
ポリ塩化ビニルのジクミルペルオキシドの存在下でのジアリルフタレートによる可塑化機構を音響学的方法,電気的方法を用いて検討した。この可塑化による音伝搬速度,誘電正接などの変化ょり,ジアリルフタレートの導入でボリ塩化ビニル鎖の配列が規則化し,充てん密度が高くなリジア亨ルフタレートの少いところでは音速は増加する。また通常可塑剤によると同じ分子間相互ェネルギーの低下も起る。しかしジアリルフタレートが増すと化学グラフトによる橋かけのための可塑性は低下する;図4参8
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る