{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602008486964977   整理番号:68A0112836

いろいの励起波長におけるアントラセンとビアセチルの相互作用

Interaction of anthracene and biacetyl at different excitation wavelengths.
著者 (2件):
資料名:
巻: 48  号:ページ: 2647-2650  発行年: 1968年
JST資料番号: C0275A  ISSN: 0021-9606  CODEN: JCPSA6  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
脱気したn-ヘキサン中に10-5~10-3Mのアントラセンと10-3~10-2Mのビアセチルを溶解させ高圧水銀灯で照射光の波長が435mμ以上の場合,両者が急速に反応することを見出した。純粋なアントラセンは酸素存在下では光照射により分解しないことから,分解には三重項励起状態が強く関係していると推定した。また,光をあてない場合反応がおこらないこと,およびビアセチルと共にアントラセンが消滅することから,両者の反応は一重項のビアセチルと三重項のアントラセンを通しておこると結論した;写図4表1参20
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る