{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602008494397852   整理番号:68A0213576

MOSとバイポーラントランジスタを併用したモノリシック音声増幅器

A monolithic MOS bipolar audio amplifier.
著者 (2件):
資料名:
巻: 14  号:ページ: 80-86  発行年: 1968年
JST資料番号: C0219A  CODEN: IEETA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 解説  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
MOSとバイポーラントランジスタを併用し,利点を生かして設計した1’W形モノリシック集積音声増幅器についてのべた。Unibi増幅器といわれるこの種の増幅器には回路構成と消費電流などの点で,いくつかの欠点があるが,この報告では,それらの点の改良に特に力を注ぎ,MOSの特長を生かし,どのような回路および集積化構成によって,安定度のよい増幅器を設計したかを示している。利得は20db以上,周波数特性は-3dB点が100KHzにある;写図9表1参4
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る