{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602008497033649   整理番号:68A0123700

薄層クロマトグラフィーによるウロン酸およびそのラクトンの分離と定量

Dunnschichtchromatographische Treimung und Bestim-mung von Uronsauren und Uronsaurelactonen.
著者 (1件):
資料名:
巻: 40  号:ページ: 161-166  発行年: 1968年
JST資料番号: A0394A  ISSN: 0003-2670  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: オランダ (NLD) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
Kieselgur Gを吸着剤とし,アセトン-プタノール-りん酸ナトリウムを展開溶媒としてガラクツロン酸などの標題物質を分離し,ナフトールレゾルシンで発色させたスポットを抽出したのち吸光光度定量する。100μgまでの中性単糖類,低濃度の無機物質は分離を妨害しない;写1表1参5
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る