{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602008512443549   整理番号:68A0074216

超音波計測器の精密加工を助ける

Ultrasonic detector aids precision machining.
資料名:
巻: 74  号:ページ: 104-105  発行年: 1968年
JST資料番号: D0004A  ISSN: 0024-9181  CODEN: MACYA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 解説  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
つばつきのめくら穴を0.0001inの公差で加工するというような場合は,測定がほとんど不可能に近い。精密機械にはこのような部品が増えているが,これの加工に超音波計測器が威力を発揮する。Hewlett Packard社の開発したもので,縦4 1/2in×横2 1/4in×高さ8 1/4inの大きさをもち,乾電池作動で,肩からぶらさげる作業者はめくら穴のつば部を測定する場合は,スタイラスを刃物台に取付け主軸に取付いたままの工作物に挿入し,目的位置に近づける。スタイラスが工作物に接触すると,作業者には可聴音が聞こえる仕組みになっているので,寸法測定は目盛りにより簡単に行なえる;写図2
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る