{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602008515430723   整理番号:68A0158794

指しの奇形:キサンチン誘導体のラットに対する催奇作用

Les anomalies digitales manifestations teratogeni-ques des derives xanthiques chez le rat.
著者 (2件):
資料名:
巻: 172  号:ページ: 219-222  発行年: 1968年
JST資料番号: B0025A  ISSN: 0003-9780  CODEN: AIPTA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: ベルギー (BEL) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
カフェインと同様,テオフィリンを妊娠ラットに投与すると胎児の指しに奇形を起す。テオフィリンに近い関係にある二つの合成化合物,バミフィリンおよびAC3092の催奇ひん度はわずかであるが,それにも関らず,奇形が生じた場合,その奇形の型はテオフィリンによるものと同一である。奇形が左後しを選んでしばしば起ることは,キサンチン核の特異的作用による可能性と考えられる。奇形のひん度はバミフィリンで1/877,AC3092で1/365,アミノフィリンでは11/498:写図2表3参3
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る