{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602008526893334   整理番号:68A0153646

腸内球菌によるセレン還元の生理 I 外部条件の影響

Physiology of selenite reduction by enterococci.I.Influence of environmental variables.
著者 (3件):
資料名:
巻: 13  号:ページ: 1175-1182  発行年: 1967年
JST資料番号: B0506A  ISSN: 0008-4166  CODEN: CJMIAZ  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: カナダ (CAN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
Streptococcus FaecalisとStrept.Faeciumとの生育により亜セレン酸塩が還元されるが,これに及ぼす外界要因を調べた。両種の菌は金属セレンまで還元するが,50μg/mlの濃度だと後者には有害だが前者は20倍にも耐性がある。至適pHは7.2~7.7。嫌気状態が至適ではあるが,前者は通気下でも還元するし,フラビンが関係する;図5 表2 参22
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る