{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602008527970502   整理番号:60A0081819

コークス炉ガス中のアンモニヤによる硫安製造上の問題点

К вопросу получения сульфата аммония из аммнака коксового газа.
著者 (1件):
資料名:
巻: 1960  号:ページ: 44-46  発行年: 1960年
JST資料番号: R0056A  ISSN: 0023-2815  CODEN: KOKKA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 旧ソビエト連邦 (SUN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
コークス化学工場で得られる濃縮アンモニヤ水を火力発電所その他の隣接工場の排ガス中のSO2を捕集するために利用し。その結果得られる亜硫酸塩・重亜硫酸塩の溶液を高温で分解し硫安と元素硫黄を造る方法について,亜硫酸塩・重亜硫酸塩の分解過程の律速段階である中間生成物のチオ硫酸アンモニウムの形成を促進するために元素硫黄を加えてオートクレーブ中で加熱する方法について検討している;図1参7
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る