{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年07月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年07月
文献
J-GLOBAL ID:201602008538728754   整理番号:58A0031738

光依存性りん酸化 VII

Untersuchungen zur lichtabhaengigen Phosphorylierung VII. Die Wirkung von Monojodessigsaeure auf die Bildung von 32P-markierten phosphorylierten Verbindungen in Helodea densa (Phosphoglycerinsaeure-ein Zwischenprodukt der Photosynthese?).
著者 (2件):
資料名:
巻: 13b  号: 10  ページ: 694-696  発行年: 1958年
JST資料番号: Z0000A  資料種別: 不明
発行国: その他 (ZZZ) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
Helodea densa におけるP32標識りん酸化化合物生成におよぼすモノヨード酢酸の影響(ホスホグリセリン酸は光合成の中間体か?)〔ノート〕
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る