{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602008540803704   整理番号:68A0119488

アンモニア媒体中での水銀滴下電極上の鋼の還元機構

Mecanisme de decharge du cuivre sur Electrode a goutte de mercure en milieu ammoniacal.
著者 (2件):
資料名:
巻: 266  号: 18  ページ: 1339-1342  発行年: 1968年
JST資料番号: B0611A  ISSN: 0567-6541  CODEN: CHDCAQ  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 短報  発行国: フランス (FRA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
実験はポーラログラフィーで行ない濃度,温度を変えて還元波の動きから反応次数,活性化エネルギーを求めた。反応次数は銅に1次,アンモニウムイオンに-2次,OH-に0次,第1段の還元の活性化エネルギーは7±1kcal,第2段のは3.1±0.5kc1である。Fournierらの硝酸カリウム中での実験値との比較より,第1段の還元はCu(NH)42+-2NH3=Cu(NH3)2+,Cu(NH3)22++eCu(NH3)2+,第2段ではCu(NH3)2+-2NH3=Cu+,Cu++Hg+eCu(Hg)と,それぞれまずアンモニアが2分子とれ,ついで錯イオン間で電子が授受されるという機構を提供;図2参5

前のページに戻る