{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602008542436652   整理番号:68A0253255

欧州における古代直接製鉄の復元操業実験

著者 (1件):
資料名:
巻: 54  号: 11  ページ: 1177-1192  発行年: 1968年
JST資料番号: F0332A  ISSN: 0021-1575  CODEN: TEHAA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 解説  発行国: 日本 (JPN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
古代製鉄製鋼の事実を実験によ多確認するための復元操業実験を欧州の古代直接製鉄上について行なわれたものをまとめた。内容はドイツLa-Tene時代自然通風直接製鉄堅炉復元操業実験,ソ連シール時代入工通通直接製鉄復元操業実験,英国の人工通風原始薩接鉄鉄火床炉の復元操業実験についてであり,ドイツのは紀元前500年ソ連および英国のはローマ時代のものである;写図25表5参30

前のページに戻る