{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602008547254218   整理番号:68A0356845

架橋二核体芳香族ジスルホン酸塩の合成とその物性

著者 (2件):
資料名:
巻: 17  号:ページ: 47-51  発行年: 1968年
JST資料番号: F0059A  ISSN: 0018-2060  CODEN: HIRKA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 日本 (JPN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
ベンゾフェノン,ジフェニルエーテル,ジフェニルスルフィド,ジフェニルスルホン,ジフェニルメタンのジスルホネートを合成し,これらの水溶液の界面活性を倹討.表面張力の低下能は全ての試作品ともわずかで,炭酸カルシウムの水中での分散試験ではこれらの全てが凝集剤として作用することが判明.相対粘度および還元粘度の濃度に対する測定からミセルの形成がなされていないと考えられる.可溶化,フェルトに対する浸透性,流動パラフィンの乳化試験についても効果は小さかった:参17
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る