{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602008556991217   整理番号:68A0016380

多様な転位障害を含んだ固体中の熱活性化転位運動

Thermally activated dislocation motionin a colid containing a multiple spectrum of dislocation obstacles.
著者 (1件):
資料名:
巻: 26  号:ページ: 197-206  発行年: 1968年
JST資料番号: C0599A  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 東ドイツ (DDR) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
種々のかたさの転位障害がある場合の転位の熱的に活性化された運動を理論的に取扱った。ここで障害のかたさは任意の数の特性パラメータに依存すると考えた。このような条件の下においても,すべり速度〓はアレニウス方程式〓=〓0exp(-〓/RT)に従うことを示す。ここで〓は平均自由活性化エンタルピーである。また,この一般論を中性子線を照射した銅中の塑性流れの場合に応用した結果について論ずる;参23
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る