{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602008570967736   整理番号:62A0057333

酸素汚染物;シリンダ内の勾い

Oxygen contaminants Cylinder odros.
著者 (3件):
資料名:
巻: 33  号:ページ: 60-64  発行年: 1962年
JST資料番号: D0016C  ISSN: 0001-9402  CODEN: AEMEA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
以前発表された液体酸素の汚染弁別の研究では,通常の汚染度では,これを勾いで識別することは不能で,臭覚分化に関する手がかりは得られなかった.本報告では,パイロット吸入用の気体状圧縮酸素を用い,混入物により種々の汚染度を与え,臭覚の鋭い被験者による臭覚テストを施行して,汚染酸素の識別をさせた.Naval Air Stationでつめたシリンダ内の航空士用圧縮ガス状酸素は,実験の結果,勾いだけで識別することが可能であった.更に,この勾いのする汚染物が,製造者,輪送途上,貯蔵の,いずれの過程で生じたものか判別できることが望ましい;図3参1
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る