{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602008588806500   整理番号:68A0213380

多点並列接触の故障率

著者 (2件):
資料名:
巻: 36  号:ページ: 331-333  発行年: 1967年
JST資料番号: F0511A  ISSN: 0385-7719  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 日本 (JPN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
一般の静止コンタクトあるいは動点コンタクトにおける並列接触について,その信頼性向上の効果を扱った。接触力と接触抵抗の間には周知の関係があるから.これより接触力と故障率の関係が導出される。接触故障率が0.1以上における実験結果を図示したが.故障率と接触力との間には近似的に比例関係がみられる。接触力の分布は一定.接触点は互いに独立.故障発生はランダムで発生率は時間的に一様という3条件のもと並列接触の故障率を計算した。表面に生成皮膜があるコンタクト故障は並列化により低減される;写図4参4
タイトルに関連する用語 (1件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る