{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2022年06月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2022年06月
文献
J-GLOBAL ID:201602008589895639   整理番号:58A0053794

PIEE Pt A 1958,12にのった発電機回転子の回転角および位相の測定法に関する三論文に対する討論

Discussion on the above three papers.
資料名:
巻: 105  号: 24  ページ: 617-619  発行年: 1958年 
JST資料番号: D0380A  CODEN: PEPEA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: イギリス (GBR) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
回転子角の測定に巻線を有するビックアップを使用する方が有利な場合のあること.得られたアナログ量をデジタル化して処理する必要.まだ安定しない回転角の範囲を広げる必要があり,これに対する具体的提案.上記の各測定装置が合理的に使用される範囲を明確にする必要など

前のページに戻る