{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602008609829840   整理番号:68A0090102

ガラス・ビード・ピーニングGBPチタン合金タンクのための装置と処理

Equipment and procedures for glass-bead peening titanium-alloy tanks.
著者 (3件):
資料名:
号: D-4288  ページ: i,1-29  発行年: 1968年
JST資料番号: B0433A  CODEN: NASCA   資料種別: 技術報告 (T)
記事区分: 解説  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
GBP装置を開発し、長さ0.5から4.3m直径0.3から1.3mの26チタン合金宇宙船のタンク内面に一様にピーニングを、N2O4の暴露から生ずる応用腐食軽減のため使用した。内容は、GBP装置、タンク、クレイドル、ランスとキャリジ、ランス腕、試験片ピーニング室、プログラマと制御などの装置に関するもの、ピーニング用小片、ダミタンクのピーニングなどのGBPパラメータの研究、Ti-6A-4V合金タンクへのGBP装置の応用、Ti-6Al-4Vの機械的性質や挙動上へのGBPの影響が書いてある;写図16 表2 参10

前のページに戻る