{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602008610785431   整理番号:68A0082693

精密打抜き

Fine blanking.
著者 (1件):
資料名:
巻: 33  号:ページ: 68-72  発行年: 1967年
JST資料番号: E0259A  ISSN: 0040-9243  CODEN: TOPRA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 解説  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
精密打抜き加工を行なうには,せん断部付近の材料の流れを防ぐことが必要で,このためには流れ防止みぞ(impingement ring)をせん断直前に材料にプレスすることが効果的と説明。このみぞは先端が75°のナイフエッジ状で,せん断形状に沿って板厚の1/3から1/5の深さにプレスされる。みぞの位置と大きさ,板厚との関係,みぞをプレスするに要する力についても述べたのち,精密打抜きの場合はクリアランスが少ないために,通常の打抜きよりプレスの仕事量が2倍も大きくなること,発生熱も当然増大することを説明;写4図5
タイトルに関連する用語 (1件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る