{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602008625053879   整理番号:68A0054173

玉軸受に用いる時の,316’Cまでのグリースおよび816°Cまでの固体潤滑剤の予備的評価

Preliminary evaluation of greases to 316C and solid lubricants to 816C in ball bearings.
著者 (2件):
資料名:
号: D-4652  ページ: 1-11,1-18  発行年: 1968年
JST資料番号: B0433A  CODEN: NASCA   資料種別: 技術報告 (T)
記事区分: 原著論文  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
120~2,500°Cの高温域で試験でき,玉軸受(内径20mm)用高温潤滑剤の試験装置を試作した。これは,供試軸受をセットするテストへッドと駆動部からなり,ヘッドに設けたヘローに空気圧力を加えることにより一様なスラスト荷重をかけ得るようにしてある。加熱はインダクションコイルによる。これを用し4種の高温用グリース,Ca雪一BaF2固体潤滑剤およびNユーCr合金を母体とする自己潤滑剤の試験を行なった。スラスト30lb.5,000rpm1200°Fで700耐耐久,1500°Fで149h耐久などの結果を得た;写図8表3参17
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る