{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602008628301733   整理番号:68A0254538

8.6mm波を用いた木星,金星および火星の電波観測

Radiometric observations of the planets jupiter,venus and mars at a wavelength of 8.6 millimeter.
著者 (2件):
資料名:
巻:ページ: 212-213  発行年: 1967年
JST資料番号: B0978A  資料種別: 会議録 (C)
記事区分: 予稿  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
1967年3月以降木星,金星,火星の輝度温度を電波観測する計画が実施された。計画はAFCRLの29in空中線を用い,空中線はIBM7094II/7044が作成した紙テープのディジタル入力により自動追尾装置を使用し,各種誤差の自動,手動修正ができる。測定主ビームと比較ビームを94Hzで切替える比較モードで測定される空中線利得は66.4±0.4db,有効面積26.6m2,ビーム幅4.6±2分である。測定は180秒間連続追尾により求められ,惑星温度は空中線利得,温度,惑星の立体角,宇宙空間の減衰の関数として求められる。測定結果も記す
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る