{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602008628351331   整理番号:68A0145884

肝臓ミクロソームの可溶性酵素系による,脂肪酸のω一水酸化におけるヘムたんぱく質P-450の役割

Role of hemoprotein P-450in fatty acidu-hydroxyla-tion in a soluble enzyme system from liver micro-somes.
著者 (2件):
資料名:
巻: 243  号:ページ: 1331-1332  発行年: 1968年
JST資料番号: E0038A  ISSN: 0021-9258  CODEN: JBCHA3  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 短報  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
ウサギ肝臓ミクロソームから,NADPH,O2存在下に脂肪酸のω一水酸化を行なう酸素系を可溶化した。ラウリン酸をωーオキシラウリン酸に変えるのに必要な3成分をミクpソーム抽出液から分取し,これらがヘムたんぱく質P-450,NADPH-cytcりダクターゼおよび熱安定因子であると同定した;図2表1参22

前のページに戻る