{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602008633383900   整理番号:60A0128575

不静定立体構造物の解析のための空隙減少法

Using the gap reduction method for the analysis of a hyperstatic space frame.
著者 (1件):
資料名:
巻: 55  号: 648  ページ: 923-924  発行年: 1960年
JST資料番号: B0281A  ISSN: 0009-7861  CODEN: CEWRA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: イギリス (GBR) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
W,Wrightによって与えられた空隙減少法を用いて12の不静定部材を有するピン節点の立体トラスを解析する方法を述べたものである,このような高次の不静定構造物に対しては,この方法が非常に有力であることを示した;図2表4参2
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る