{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602008648347292   整理番号:68A0316976

微弱線線量の測定

著者 (1件):
資料名:
巻: 17  号:ページ: 230-236  発行年: 1968年
JST資料番号: G0494A  ISSN: 0033-8303  CODEN: RAISAB  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 文献レビュー  発行国: 日本 (JPN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
環境のr放射碌や放射碌防護における散乱碌など微弱ン’碌の碌量測定において問題になる点として。測定系に要求される感度が高いこと,。エネルギー依存性が小さいこと,および測定系のバックグランド自身をさげるか,その評価を正確におこな5ことなどがあげられる。r碌の吸収エネルギーの標準測定法として使用されてきた,電離法,熱量測定法,化学測定法のうち感度の点から微弱ン’碌の測定に適するのは電離法のみである。しかし実用的には標準法のほかに上の3点の問題点を解決した幾つかの方法が考えられている。本報告では先ず,碌量測定法の基本概念をH urs t,Ri tchi c にしたがって概説し,それにそって電離法はじめG.M計数管やNa I ix チレータ,固体積算碌量計などの微弱r碌碌量測定への適性を論じた。本編では先ず電離法について,検出系,測定系およびバックグランドなどにつ。いて実際的な面から説明した;写図12参10(著者抄録)
タイトルに関連する用語 (1件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る