{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602008652819034   整理番号:68A0017942

π-d→nnγ反応によるnn散乱の長さの決定

Determination of the neutronneutron scattering length from the reaction tc dnr
著者 (4件):
資料名:
巻: 21  号:ページ: 470-472  発行年: 1968年
JST資料番号: H0070A  ISSN: 0031-9007  CODEN: PRLTAO  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 短報  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
零エネルギーの標記の反応の光子エネルギースペクトルを,電子対の飛跡の位置を示す音響学的スペーク箱を使ったスペクトロメータによて測定する。スペクトルの形からnn散乱の長さはann=13.1〓になる。2個の中性子の束縛状態が存在する確立を計算し,5×109以下であることがわかる;図2表1参16
タイトルに関連する用語 (1件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る